1. HOME
  2. 最新の記事
  3. 薬剤師を辞めた佐藤さん

薬剤師を辞めた佐藤さん

37歳女性の佐藤さんにインタビューをしてきました。
佐藤さんは元薬剤師ですが、今は薬剤師と全く関係ない仕事をしています。

まず佐藤さんのことを簡単に教えてください。

現在37歳ですが、子育て真っ最中ですが非正規で約9年働いています。
結婚前は薬剤師として病院で働いていましたが、あまりの激務と勉強について行けず退職しました。
それから薬剤師としての仕事はしておらず、販売員などをやっています。

薬剤師を辞めて販売員ですか?

はい。調剤薬局を退職後、某百貨店に入ってる販売員をしていましたがそこで2年間働いていました。
学生当時からスキなアクセサリーのお店でしたので楽しく働いていました。
転職のきっかけは、会社の雇用面で各種保険を自分でかけていかないといけなかったのが原因の一つですが
体の調子がわるく(と言っても歯並びからくるものですが)歯列矯正をする事になり、
歯の矯正器具で、うまく話せない状態になるため、
販売員ではどうしてもお客様に、伝えたい事がうまく伝わらないのではと思ったからです。

調剤薬局を辞めてから次の仕事は?

とらばーゆという転職雑誌を参考にしたのと、ハローワークにいってみました。
転職雑誌を重点的にさがしてましたが、
なかなか見つからず、3か月ほど転職先を探しました。
できればデザイン系の仕事を希望していたのですが
なかなか掲載がなかったのを覚えています。
でも昔からある、駄菓子の会社に転職できました。
基本男性の職員が製造し、女性がそれを市場にだすために包装、荷造りするという感じでした。
ちなみにその会社は偶然ですが家からも車で10分ととても近く、
昔から続いている会社でしたので、つぶれるリスクも少ないのではないかという精神的な安心もありました。
職場で働く人たちも勤続年数10年以上の方たちが多いので
良い職場だったと思います。

転職して給料や待遇はどう?

給料は薬剤師時代に比べて大幅に下がりました。でも土日が休みで定時で帰る事ができています。
ボーナスもありましたが、やはり薬剤師と比べるとかなり見劣ります。
ただ勤務時間は、転職前の職場はシフトで休みで繁忙期には毎日残業だったので、給料を気にしない私にとっては、転職においてすべてにおいて良くなりました。

薬剤師を辞める方へ

今している仕事がいやだという理由の転職は、結局、その後も辞め癖につながってしまうと思いますので
今している仕事で頑張って、何か一つでもやり遂げたと感じた時に
前向きに転職できる気持ちで転職活動をすることをお勧めします。
そして転職後を想像して自分が成長できる会社なのか。
今の時代は経済の移り変わりも早いので、なにか自分自身にしかできない
仕事が出来るようになる会社を見つけましょう。
また薬剤師時代に比べて、給料は下がります。
年間200万円近く下がるでしょう。
それでもというお覚悟があれば、薬剤師を辞めてもいいのではないでしょうか。